オフィス移転に伴う費用のあれこれ

###Site Name###

オフィス移転をする場合には、様々な目的があると思われます。
会社の成長のため、より広いオフィスに移転したい場合。

人力検索はてなの優良サイトの情報を公開中です。

または現在のオフィスの賃料が高いので、もう少し安い物件に移転したい場合。



通勤時間を短縮するため、交通の便が良い場所に移転したい場合、などが挙げられます。オフィス移転にかかる費用は、規模や状況によって随分違ってきますので、一概には言えませんが、先に挙げたような目的を明確にすることで、細部の事柄まではっきりし、かかる費用の算出がしやすくなります。では実際にはどういったところに費用がかかるのでしょうか。まずは、新しいオフィスの契約費がかかります。


後は入居時の内装・設備工事、通信工事など。

オフィス家具や什器、引越費もかかります。その他にも廃棄物処理の費用や、住所変更に伴う案内状や名刺・封筒などの印刷物も必要です。

今までのオフィスを退去する際には、原状回復の費用がかかります。


大抵は保証金から差し引かれて返還されます。

しかし、返還されるには一般的に、退去してから3ヶ月から6ヶ月後と言われているため、すぐには使用できません。

オフィス移転は、会社における社内環境や労働環境を見直す絶好の機会でもあります。



移転前に社員の要望や不満などを調査し、取り入れた方が良い設備や、会社の体制などを見直すことで、より良い社内環境を整えることができ、更に働きやすく効率的な仕事ができる会社に成長するのではないでしょうか。